株式会社ディビーエス


 

NETIS(新技術情報提供システム)
国土交通省が運用している新技術に係る情報を、共有及び提供するためのデータベースです。
平成10年度より運用を開始し、平成13年度よりインターネットで一般にも公開。
有用な新技術の情報を誰でも容易に入手することが可能です。

新技術とは?
公共工事等における施工実績の有無に関わらず『従来技術より活用の効果が高い技術』
または『従来にない画期的な技術』で実用化されているものをいいます。
ここで、「活用の効果が高い技術」とは、
当該技術が「経済性」「安全性」「耐久性」「品質・出来形」「施工性」「周辺環境に与える影響」「課題解決への有効性」等の
評価項目のいずれかで従来技術より優れている技術をいいます。
「従来技術」とは、公共工事等において標準的に使用される技術で、工事発注時の標準積算の対象となる技術等をいいます。
申請された新技術が施策ニーズ、現場ニーズに合わない場合や技術の成立性が確認できない場合等にはNETISに登録されない場合があります。
なお、新技術に該当するかどうかの判断はNETIS登録の申請が行われた時点での判断とすることとします。

NETISに掲載されたらどうなるの?
このシステムは、情報提供者の意志により提供のあった新技術情報について、
申請書及び提出書類を基に技術の成立性を審査し、提供するシステムです。
国及び地方公共団体等の発注者、施工業者、コンサルタント等に情報が提供されることによって、
活用される機会が増えることが期待されます。

NETISのホームページはこちらからご覧になれます。